徒然なる all over the World

グルメ・旅行・アート鑑賞etc が好きな独りよがりの備忘録。

大地の芸術祭の川西エリア。

K005 ジェームズ・タレル James Turrell(アメリカ)「光の館」 越後妻有の伝統的な家屋をモデルにした作品でありゲストハウス。
右側の屋根が二重になった部分が動くようになっている。
IMG_9718
屋根が開いた状態。ガラスも入っていない状態で空を鑑賞できる。動画は、屋根を途中で閉めてもらった様子。
IMG_9715



IMG_9694
宿泊用の部屋はこの空が見える部屋を含め3部屋。泊まって日没や日の出の空を楽しんでみたかったのだが、ゲストハウスなので食事などはなく、定員16名で人数によって宿泊費を頭割りする計算となる。とても人気なのだが、網戸もなく、ご飯も自分で用意するのは、根性のない我々には無理と諦めた💦 聞けば、宿泊客どおしで、誰が屋根のないこの部屋に泊まれるかを決めるのだそう。。。
IMG_9696

IMG_9707
お風呂は、暗くなると天井灯などはなく、浴槽の内部からライトアップされるとのこと。
IMG_9700-001

IMG_9702

IMG_9703
ジェームス・タレル氏の作品は、直島でみた。その様子は:

N019 西野康造「この大地と空の間」
 鉄の輪は直径8メートル!
IMG_9761
西野氏の作品は、赤坂で拝見した:

K002 斎藤義重「時空」
IMG_9738

IMG_9740

K003 藤原吉志子「レイチェル・カーソンに捧ぐ~ 4つの小さな物語」 
神殿、鳥男、ロバ、ウサギの4つの物語とのこと。藤原氏は、1942年生まれで2006年没。「大地の芸術祭2000ー2022 追悼メモリアル ー 今に生きる越後妻有の作家達」として越後妻有里山現代美術館 MonET で期間限定で展示されていた。
IMG_9745

IMG_9742
以前に見た藤原吉志子氏の作品は:

K022 母袋俊也「絵画のための見晴らし小屋・妻有」 後ろ側にある階段を上って中の小窓から眺めると、越後三山の景色が見える。
IMG_9724

IMG_9728

K023 たほりつこ「グリーンヴィラ」 傾斜地に土を掘って、象形文字を地上絵として制作。
IMG_9733

IMG_9737

K004 PHスタジオ「河岸段丘」 テラスからの眺めは、なかなか雄大。
IMG_9721

IMG_9723

K007 吉水浩「森の番人」
IMG_9749

IMG_9751

道中には、色々と看板があり、このサインボードもジョゼ・デ・ギマランイス氏の作品なのだが、その横に目が行ってしまった・・・熊💦
IMG_9748

気に入っているケーキ屋さん。新作が色々とあったので、ためしてみることに。

パブロバ カシス 650円 新作。メレンゲの土台の中には濃厚なバニラクリーム、その中にカシスソースが入っているが、カットしたとたんに流れ出て来た。上にはカシスムースなのだが、2層になっている。非常に美味。
16-1

16-2

アールグレイシトロン 670円 こちらも新作。下の生地にはアールグレイがしっかり入っていて、上のアールグレイとレモンのムースが載り、ホワイトチョコレートでコーティングしてある。
16-3

16-4

ピンクレディー 650円 ピスタチオのスポンジの上にイチゴのムース、上にはあっさりしたクレームシャンティ。イチゴの香りがしっかりしていて美味しい。
16-5

16-6

以前に食べたものの様子は こちら

目黒区東山1-9-6
03-5722-3920

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

大地の芸術祭の中里エリア。

N079 マ・ヤンソン / MADアーキテクツ(中国)「Tunnel of Light」 この芸術祭の顔とも言える清津峡渓谷トンネルは、2018年この作品で一躍有名になり、芸術祭会期とは関係なく観光バスのルートにも入るぐらいの人気ぶり。今年は、第二見晴所の壁面と床を改修されたのだそう。
全長750メートルの清津峡渓谷トンネルを潜水艦に見立ててトンネル内全体をリニューアルし、終点のパノラマステーションでは、水面に反転する水鏡が楽しめる。水鏡部分は沢の水が使われていて、チャプチャプ歩いて行く。
IMG_9807
柱状節理がとても綺麗。
IMG_9799
第三見晴所「しずく」 湾曲した壁の鏡が配置されている。
IMG_9794

IMG_9789
第二見晴所「見えない泡」 この中央の建物は、なんとなんとトイレ!
IMG_9813

IMG_9777
トンネルの通路は、5つの異なる色でライトアップされている。
IMG_9815

清津峡は、富山県の黒部峡谷と三重県の大杉谷と共に、日本三大峡谷のひとつで、上信越高原国立公園内にある。峡谷は12キロに及ぶ。
かつては海の底にあり、ホホジロザメの仲間であるカルカロドンなるムカシオオホオジロザメの歯の化石が見つかっている。今見られる柱状節理は、約260万年前頃から隆起し浸食により沈下して谷となったもの。清津川は、新潟・群馬県境の白砂山を水源としている。かつては、清津川沿いに険しい登山道があったが、昭和63年(1988年)に発生した落石死亡事故により、通行止めに。そこで歩道トンネル750メートルが平成8年(1996年)に建設された。カモシカやツキノワグマなどもいるが、夏にはトンネル内が涼しいのでアオダイショウが現れることもあるとか!
DSC_2186

N072 磯部行久記念 越後妻有清津倉庫美術館 SoKo 旧清津峡小学校の体育館を展示しながら保管するというコンセプト。
IMG_9964

N082 磯部行久の世界ー記号から環境へ
「海流資源図・ダイマキシオン・マップ」
IMG_9944
1950年代から現代までの作品を紹介している常設展。初期には版画や油彩、50年代後半には大理石の粉を混ぜたメディウムを使ったレリーフを制作するなど、60年代初期に「ワッペンシリーズ」が生まれる。65年にNYを拠点とし、エコロジームーブメントに関心を寄せ、90年代からは環境情報を視覚化した作品を制作。96年にこの大地の芸術祭のディレクターである北川フラム氏から越後妻有の特性を明らかにするための調査依頼を受け、「大地の芸術祭」のプロジェクト構想が生まれた。
IMG_9959

IMG_9957

IMG_9956

IMG_9952

IMG_9950

IMG_9948

IMG_9947

IMG_9960

N071 青木野枝「田の玉 白羽毛」
IMG_9899

IMG_9896

IMG_9900

N017 白羽毛集落のこどもたち+青木野枝「LIKE SWIMMING」この集落の子供達と一緒に鉄を切り溶接して作った作品とのこと。
IMG_9902

IMG_9904
以前に見た青木野枝氏の作品は多数ある。その様子は こちら

N012 クリス・マシューズ Chris Matthews(イギリス)「中里かかしの庭」 カラフルなかかしが18体あるとのことだが、草などに隠れている部分も多く・・・
IMG_9887

IMG_9893

DSC_2272

N028 内海昭子「たくさんの失われた窓のために」 こちらも人気の作品。
IMG_9921

IMG_9918
  
N058 槻橋修+ティーハウス建築設計事務所 設計 清津川プレスセンター「きよっつ」
IMG_9974

IMG_9972

IMG_9975

N019 カサグランデ&リンターラ建築事務所 Architect Office Casagrande & Rintala(フィンランド) 廃棄物が不法投棄されていた場所だったが、コールテン鋼の壁、ブランコ、東屋、ベンチのある公園になった。
IMG_9932

IMG_9936

IMG_9938

N001 ジャウマ・プレンサ Jaume Plensa (スペイン)「鳥たちの家」 高さ19メートルもある。
IMG_0653

IMG_0655
今まで見たプレンサ氏の作品は:

N002 ジャン=フランソワ・ブラン Jean=Francois Brun(フランス)「ブルーミング・スパイラル」16個の花壇からなる。
IMG_0654

N003 CLIP「河岸の燈籠」 建築家ユニット CLIP による屋外トイレ。夜になると燈籠のような灯りがつくのだそう。
IMG_0659

IMG_0663

N004 坂口寛敏「暖かいイメージのためにー信濃川」 星の広場とのこと。
IMG_0648

 N046 内海昭子「遠くと出会う場所」 かつてダム建設時に亡くなられた方々の慰霊碑がある一帯を整備し、空へと続くはしごと、それに続く花壇を作った。
IMG_0666

IMG_0669

N006 オル・オギュイベ Olu Oguibe(ナイジェリア)「いちばん長い川」 18本の電柱には、 信濃川流域に住む高校生の詩が刻まれている。
IMG_0644-001

IMG_0645

N005 ホン・スン・ド 洪性都(韓国)「妻有で育つ木」
IMG_0642

IMG_0639

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

小嶋屋さんは、「小嶋屋総本店」「小嶋屋本店」「小嶋屋和亭」とある。十日町の別のお店に入ってから、へぎ蕎麦ですか?とお聞きしたところ、自分の所は蕎麦粉だけなので、良ければ自分の所のを1枚だけ食べて、他でへぎ蕎麦を食べてくれと親切なことを言って下さった。その際、小嶋屋さんが何軒もあるが何処が良いか?とお聞きしてみると、自分なら「小嶋屋総本店」に行くと仰って下さった。

旬彩天へぎ 1518円 
13-1

13-2
天ぷらは、海老、キス、とうもろこし、茄子、椎茸。他のお店もそうだったが、天ぷらはお塩と。ここでは、抹茶塩、梅塩、藻塩とあった。
13-3
お蕎麦には、辛子、すりごま、葱が。
13-4

五彩そば 1452円 なめこおろし、とろろ、山菜には、蕎麦つゆを足してお蕎麦を。天ぷらはそばつゆで、惣菜はそのままでと。また、中央のごまだれも蕎麦つゆの代わりにと。
13-6

13-5

蕎麦団子 220円 ちょっとイメージよりもお団子の生地が固めかな。
13-7

蕎麦の実アイス 308円
13-8

十日町市中屋敷758-1
025-768-3311

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

大地の芸術祭の十日町エリア。

T120 うぶすなの家 築100年の古民家。陶芸家達が囲炉裏などを作り、やきものの美術館として再生。
120

T122 鈴木五郎「かまど」 陶片を組み合わせてある。
122

T121 澤 清嗣 「風呂」信楽の山土に別の細かい土を混ぜて成形、釉薬をかけて焼成。
121

T123 中村卓夫「表面波 / 囲炉裏」 お座敷に仏壇を置く場所にやきものを制作。
123-1

123-2

T124 吉川水城「洗面台」 4回の焼成をして完成した「黒釉枝垂桜文」
124

T399 布施知子「うぶすなの白」 折り紙作家さんの布施氏による。
399-3
 
399-2

399-1

T134 古郡弘「胞衣(えな)ーみしゃぐち」 胎児を守る胎盤を意味する「胞衣」のように、土の中で何かに護られたような神聖な空間とのこと。まるで古い遺跡を巡っているような感じだった。
134-1

134-2

T020 伊藤嘉朗「小さな家ー聞き忘れのないようにー」 狭い入口を入る。対岸にある一本の木を眺めるために造られた地下室。
020-1

020-2

T112 ドミニク・ペロー Dominique Perrault (フランス)「バタフライパビリオン」 能や狂言の舞台にもなる東屋とのことだが、反射素材の屋根が、ちょうど咲いていた池の睡蓮を映していて、とても不思議で綺麗な光景だった。
112-1

112-2

T021 荻野弘一「石の魚たち」 石の魚が泳ぐさまを表現しているとのこと。
021

T173  T426  T444 鉢&田島征三「絵本と木の実の美術館」 野山のノブドウ、ゴンズイ、クサギなどの雑木の実に注目しているとのことだが、とにかくカラフルな枝やおびただしい数のさまざまな木の実によるオブジェに圧倒される。
入口にあるブランコを漕ぐと、ベルが鳴るようになっている。
IMG_0623

IMG_0572
この人形は、外にある巨大なししおどしの動力によって動くしかけとなっている。
IMG_0577

IMG_0618

IMG_0576

IMG_0578

IMG_0580

IMG_0581

IMG_0584

IMG_0587

IMG_0588
廊下にある自転車をこぐと、その動力でこの木々のバンドマン達が演奏する。
IMG_0589

IMG_0596

IMG_0598-001

IMG_0607

IMG_0609

IMG_0602

IMG_0613

IMG_0614

作家さんが飼っておられるとのことで、ヤギさんがいた。かわいかった。
IMG_0636

帰りがけに振り向くと、建物の外にもオブジェが!
IMG_0637


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ